1. ヤマトゴールドTOP
  2. 金買取価格情報ブログ
  3. 金買取
  4. ヤマトゴールドマーケット情報 380

ヤマトゴールドマーケット情報 380

金、2カ月ぶり安値――白金4000円割れ

東京商品取引所で8日、金と白金(プラチナ)が大幅安となった。金は一時1グラム4497円まで下がり約2カ月ぶりの安値をつけた。白金は1グラム3993円と節目の4000円を割り込み2年8カ月ぶりの安値となった。

ニューヨーク先物市場で値下がりした流れを映した。金はドル高・ユーロ安の基調が影響した。白金は主産地の南アフリカ共和国の供給増加観測もあり値下がりした。

バンクオブアメリカ・メリルリンチのメタルストラテジスト、マイケル・ウィドマー氏は、「金はギリシャ情勢への一時的な楽観論が、白金は中国の需要鈍化懸念が影響した可能性がある」との見方を示した。

非鉄金属も一段と下落している。中国の株安が弱材料視されロンドン金属取引所(LME)の銅先物価格は8日、一時1トン5240ドルをつけ、6年ぶりの安値を更新した。

7/9 日本經濟新聞