1. ヤマトゴールドTOP
  2. 金買取価格情報ブログ
  3. 金買取
  4. 「プラチナ」  地金・積み立て 投資様々

「プラチナ」  地金・積み立て 投資様々

指輪など宝飾品としてのイメージが強いプラチナ(白金)は投資商品としての顔もある。地金のほか、プラチナの現物を小口で購入していく積み立て、手軽に売買できる上場投資信託(ETF)など、さまざまな投資方法がある。

プラチナは株式や債券などと違い、流通量や埋蔵量に限りがあり、実物自体が価値を持つ。リスク資産である株式などの分散投資先として買われることが多い。

信用リスクがない鉱物資源という点では金と似ている。ただ、プラチナは供給量の5割が工業用素材として使われ、産業分野向けの需要も大きい。たとえば自動車の排ガス触媒などにも使われ、自動車の販売が伸びればプラチナの価値は上昇する。

最もポピュラーなプラチナ投資の手法は地金購入だ。田中貴金属工業といった地金商などの店頭で主に5グラム単位で販売している。販売価格は各社のホームペ―ジで公表されている。国際相場に応じて日々、変更されるため、購入の際には事前に価格を確認してから店頭に出向いたほうが良さそうだ。

ただ、地金購入は最小単位の5グラムでも2万6千円する。500グラム買えば260万円と気軽には買えない。少額でも投資しやすくしたのが、「プラチナ積み立て」だ。一口最低で1000円から始められる。毎月決まった金額でプラチナを購入して積み立てる。積み立てたプラチナを現物として受け取ることも可能だ。

現物を手元に置かない投資商品としては、プラチナETFもある。ETFは、集まった資金で地金を買いつける仕組み。地金に対して有価証券が発行されて証券取引所へ上場され、株式と同じようにプラチナを売買できる。

最大の特徴は、機動的に売買できる点だ。地金保有や積み立てが長期投資向きで、ETFは利ざや狙いの中短期投資に向いているといえそうだ。東京商品取引所の先物価格をもとにした指数に連動したETFもある。先物を対象とするため現物との交換はない。指数の数値は、東商取のホームページなどで把握できる。

6/28 日本經濟新聞